TOP

夏の散歩で気をつけたい、犬の肉球ヤケドについて

真夏のアスファルトで肉球は火傷する?
   このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏のアスファルトで肉球は火傷する?

 

アスファルトで肉球をやけどした犬

 

暑い夏の間は、散歩の時間を工夫するということは、飼い主の心掛けとして当然の事といえるでしょう。しかし時折、観光地や海辺で暑い中、犬が炎天下におかれていることがあります。

 

水分を与えていれば大丈夫、犬だから大丈夫ということは決してないのです。

 

肉球を過信しすぎると危険?

 

犬の肉球を「靴」の代わりと過信してはいけません。犬の肉球は、私たちが履いている靴のような役割は果たすことはできません。一見、靴のように丈夫そうにも見えますが、実際にはとても繊細なものなのです。熱ければ「やけど」もしますし、寒ければ「しもやけ」にもなります。

 

真夏の路上だけでなく、工事現場や、屋内であっても、ガラスや先のとがったものを踏めばすぐに切り傷ができてしまいます。

 

 

5月をすぎたら、もう危険!

 

人間が体感温度で「暑さ」を感じる季節になったら、もうアスファルトは危険値になっていると覚えておきましょう。

 

太陽で熱せられたアスファルトの温度は、体感気温+20度にまで上昇する場合があります。5月初旬に気温20度であれば、昼時のアスファルトは40度以上ということです。

 

もし、人間が裸足で40度以上に熱せられたアスファルトに足をついたらどうなるでしょうか?

 

あまりの暑さに、飛び上がり、一歩たりとも踏み出せないことでしょう。

 

しかし、犬はそれほどまでに熱いアスファルトの上でも、飼い主がリードを引いて散歩に連れ出したら、平然とした様子で歩き続けてしまうのです。

 

帰宅後も、やけどをした足を気にすることなく過ごしているでしょう。

 

もし、犬が肉球を気にするような仕草を見せたり、なんども肉球を舐めるような場合には、やけどが元で水ぶくれができてしまっていたり、皮膚がめくれてしまっていたりと悪化している可能性があります。

 

このような場合には、動物病院を受診し、薬の処方をうけましょう。

 

 

靴は特別な場合に!

 

犬用の靴が市販されている事をご存知の方も多いのでは?
ただし、暑さ対策という意味では、靴は必ずしも有効とは言えません。

 

犬は、肉球を使って体温を調整しています。

 

夏の暑さで上がりすぎてしまった体温を下げる機能が肉球にあるためです。そのため、ゴム底の靴を履かせ、肉球を密閉してしまうことで、肉球本来の機能を果たせない可能性があります。

 

夏の暑さ対策には、日が昇る前に散歩を済ませることがもっとも有効な手段といえるでしょう。

 

もし、靴を活用するのであれば、海岸の砂浜を歩かせる場合や、犬と一緒に険しい山道を登る時に一時的に使用する程度と考えておくとよいでしょう。

最新!お役立ちペット用品!

 

スリングバッグを肩からかけて犬を抱きかかえる女性

 

 

肉球がヤケドをしてしまったときや、緊急時に持っていると便利な携帯型スリングバック!まだ、外を歩き慣れていない子犬や、高齢犬が急に歩けなくなったときなどにも常備していると便利です。デザインは落ち着いたカモフラージュとヒッコリーの2カラー!ブランドはマンダリンブラザーズ。〔値段:2,800円〕

 

 

 

 

 

 

 

散歩時にある便利なマナーポーチ

 

 

散歩時にあると便利なオーナーさん用のウエストポーチ(マナーポーチ)!万が一のケガやヤケドにバンソウコウを入れておいたり、エチケット袋をしまっておくなど使い道たくさん♪排泄物や汚れ物入れとして使用せず、小銭用のお財布を入れたり、カメラを入れたりする使い道も♪デザインはおしゃれなデニム地とヒッコリータイプに新たにアロハカラーの計3色!

 

 

 

 

 

 

 

グッタリした子犬のわんちゃん
犬も脱水症状になる?犬が水分不足に陥るとどんな症状に見舞われる?もしものときの対処法や、知っておきたい判断基準などの予備知識について。 続きを読む≫
熱中症で横たわるミニチュアダックス
犬も熱中症になる?どんな症状になる?予防や対策はあるのか?などを徹底考察!舌をダラっと出していたら?よだれがいつもよりでていたら?などなど、... 続きを読む≫
日差しの強い縁側で暑さにうなだれる大型犬
“室内だから大丈夫”は危険!?日差しの強い日でも高熱になるポイントは自宅にもあります。知っておきたい室内飼育のワンちゃんたちの居場所について... 続きを読む≫
アスファルトで肉球をやけどした犬
夏の炎天下、アスファルトの上を歩くワンちゃんは「熱い!」と声に出して表現することができません。歩く姿がなんだかおかしいと感じたときにはすでに... 続きを読む≫
真夏の日中に外を散歩するワンちゃんたち
夏の炎天下での犬のお散歩は危険?避けたい時間帯や犬の生理現象の調整、生活リズムのことなど。 続きを読む≫
犬小屋の写真
屋外で飼っている犬の場合、夏の暑さ対策に毎年、頭を悩ませることでしょう。最近は、夏の気温が毎年最高値を更新し続ける異常気象とまで言われていま... 続きを読む≫
お部屋で留守番するワンちゃん
日中の自宅は、犬が留守番中というご家庭も最近では多いことでしょう。夏の留守番はどのような工夫をしていますか?窓を開けている?エアコンをタイマ... 続きを読む≫
ケージに取り付けられた水を飲むワンちゃん
犬にとって水はどんな存在?水分不足になると?脱水症状になると?知っておきたい飲み水の役割について考察しましょう。 続きを読む≫
シャワーで濡れた小型犬の犬
夏はどれぐらいのペースで愛犬をお風呂やシャワーに入れますか?シャワーのあとにすべきことは?など知っておきたい夏のワンちゃんのお風呂事情につい... 続きを読む≫
夏の散歩の日差しに夏バテするワンちゃん
暑い夏、家族と一緒に海へ山へと犬たちも出かけることでしょう。家族は、日焼け止めを塗り、しっかりと日焼け対策をするものの、犬のことはつい忘れが... 続きを読む≫