TOP

夏に室内犬を家に留守番させる際、気をつけたい室内気温とエアコン稼動について

愛犬の真夏の留守番はエアコンを切らないで!
   このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の真夏の留守番はエアコンを切らないで!

 

お部屋で留守番するワンちゃん

 

日中の自宅は、犬が留守番中というご家庭も最近では多いことでしょう。

 

夏の留守番はどのような工夫をしていますか?

 

窓を開けている?エアコンをタイマーで設定している?それとも、特に何もしていない?

 

夏の犬のお留守番とエアコンの稼動について考えてみましょう。

 

夏のエアコンは常時可動を

 

夏になるとエアコンの利用で急騰する電気代が気になることでしょう。しかし、犬を飼っている以上、これは仕方がないものと覚悟を決めておきましょう。

 

日中、犬が留守番をしているのであれば、エアコンはタイマー設定をするのではなく、適切な温度で常時可動させておきましょう。

 

電気代節約の意味でも、日中の数時間のみ稼働させ、タイマー設定にしえおきたいところですが、締め切った室内では、エアコンの可動が止まってしまった後に室温が一気に上昇してしまうのです。

 

日当たりのよい部屋であれば、差し込む日差しで、午後3時、4時でもまだまだ気温は高いままです。エアコン稼働中の室温とその後に上場する室温の気温差は犬の体に大きな負担をかけてしまいます。ですから、エアコンは常時可動させておきましょう。

 

適切な温度は?

エアコンの温度を調整する様子

 

留守番中のエアコンの温度設定は、27~28度ほどにしておきましょう。

 

夏にこの設定は、高温すぎてエアコンの意味がないようにも思えますが、犬にとって「適度」な気温ということなのです。

 

犬が室内で、ごく普通に「息」が出来る温度が目安です。

 

熱ければハアハアと舌を出した息をし、寒ければ丸まって眠るでしょう。そのどちらも適切な温度ではないというサインです。ですから、犬は平常の息遣いで、体を伸ばして寝ていられる室温に保ってあげましょう。

 

飲み水があっても、熱中症になる?

 

ここ数年、室内で犬が熱中症になる事例が多数報告されています。原因の1つは、小型犬の飼育率が増え、室内でサークルに入れて留守番をさせていることとも言われています。

 

エアコンの可動が止まってしまい、室内の気温が上昇してしまった場合やサークルに窓からの直射日光があたってしまっている場合でも、犬は涼しい場所へ避難することができません。
涼しい場所へ移動することができたなら、危険な状態を回避することもできたでしょう。

 

またサークルを活用して居ない場合でも、飲み水を置いてあるから問題ないと考えてしまう飼い主が多いことも問題です。

 

危険なまでに室温の上昇した室内では、たとえ目の前に飲み水があっても、犬は体温を下げるために水を飲むということまでは、発想の機転が利きません。

 

犬を留守番させる時には、エアコンの設定を必ず確認をする、エアコンのリモコンは犬の届かない安全な場所に置くように心がけておきましょう。

 

 

最新!お役立ちペット用品!

 

スリングバッグを肩からかけて犬を抱きかかえる女性

 

 

肉球がヤケドをしてしまったときや、緊急時に持っていると便利な携帯型スリングバック!まだ、外を歩き慣れていない子犬や、高齢犬が急に歩けなくなったときなどにも常備していると便利です。デザインは落ち着いたカモフラージュとヒッコリーの2カラー!ブランドはマンダリンブラザーズ。〔値段:2,800円〕

 

 

 

 

 

 

 

散歩時にある便利なマナーポーチ

 

 

散歩時にあると便利なオーナーさん用のウエストポーチ(マナーポーチ)!万が一のケガやヤケドにバンソウコウを入れておいたり、エチケット袋をしまっておくなど使い道たくさん♪排泄物や汚れ物入れとして使用せず、小銭用のお財布を入れたり、カメラを入れたりする使い道も♪デザインはおしゃれなデニム地とヒッコリータイプに新たにアロハカラーの計3色!

 

 

 

 

 

 

 

グッタリした子犬のわんちゃん
犬も脱水症状になる?犬が水分不足に陥るとどんな症状に見舞われる?もしものときの対処法や、知っておきたい判断基準などの予備知識について。 続きを読む≫
熱中症で横たわるミニチュアダックス
犬も熱中症になる?どんな症状になる?予防や対策はあるのか?などを徹底考察!舌をダラっと出していたら?よだれがいつもよりでていたら?などなど、... 続きを読む≫
日差しの強い縁側で暑さにうなだれる大型犬
“室内だから大丈夫”は危険!?日差しの強い日でも高熱になるポイントは自宅にもあります。知っておきたい室内飼育のワンちゃんたちの居場所について... 続きを読む≫
アスファルトで肉球をやけどした犬
夏の炎天下、アスファルトの上を歩くワンちゃんは「熱い!」と声に出して表現することができません。歩く姿がなんだかおかしいと感じたときにはすでに... 続きを読む≫
真夏の日中に外を散歩するワンちゃんたち
夏の炎天下での犬のお散歩は危険?避けたい時間帯や犬の生理現象の調整、生活リズムのことなど。 続きを読む≫
犬小屋の写真
屋外で飼っている犬の場合、夏の暑さ対策に毎年、頭を悩ませることでしょう。最近は、夏の気温が毎年最高値を更新し続ける異常気象とまで言われていま... 続きを読む≫
お部屋で留守番するワンちゃん
日中の自宅は、犬が留守番中というご家庭も最近では多いことでしょう。夏の留守番はどのような工夫をしていますか?窓を開けている?エアコンをタイマ... 続きを読む≫
ケージに取り付けられた水を飲むワンちゃん
犬にとって水はどんな存在?水分不足になると?脱水症状になると?知っておきたい飲み水の役割について考察しましょう。 続きを読む≫
シャワーで濡れた小型犬の犬
夏はどれぐらいのペースで愛犬をお風呂やシャワーに入れますか?シャワーのあとにすべきことは?など知っておきたい夏のワンちゃんのお風呂事情につい... 続きを読む≫
夏の散歩の日差しに夏バテするワンちゃん
暑い夏、家族と一緒に海へ山へと犬たちも出かけることでしょう。家族は、日焼け止めを塗り、しっかりと日焼け対策をするものの、犬のことはつい忘れが... 続きを読む≫