TOP

犬も水分不足に陥ると脱水症状に!?知っておきたい犬の飲み水のこと

犬の飲み水は切らさず十分な確保を!
   このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み水は切らさずに!水は十分確保を!

 

ケージに取り付けられた水を飲むワンちゃん

 

犬の飲み水は常に用意できていますか?
犬にとっての「飲み水」は命を守るという意味でとても重要な役割を持っています。
犬の飲み水は常に十分な量を用意しておきましょう。
留守中に犬が器を倒してしまい、飲み水が飲めなかったということのないように、器選びもきちんと考えておきましょう。

 

ドライフードだけでは、常に水分不足に

 

犬の毎日の食事にドライフードを活用することは今や当たり前といえるでしょう。
高品質、安全、無添加と信頼のおける製品も多数販売されています。
しかし、どんなに高品質なドライフードも、唯一不足してしまう要素は「水分」であると言われています。

 

犬が健康な体を維持するためには、70%以上の水分を保持することが必要とされています。

 

人間が食べている日ごろの食事も、ほぼ70%は水分と言われています。
しかし、ドライフードに含まれる水分量はわずか10%です。
つまりは、毎食60%の水分が不足してしまっているのです。

 

この60%の不足を補うことが、「飲み水」を置く意味です。

 

飲み水が不足すると?

 

水分接取量が不足して最初に起こる症状は、便秘です。

 

犬の下痢はすぐに病気では?と心配になるものですが、便秘はつい見逃されがちです。

 

実は、犬の便秘も悪化すると、手術をするほどに大変な病気にもなりかねません。

 

そのため、飲み水はいつでも飲めるように用意を欠かさずにおく必要があります。

 

日常的な水分不足は、ゆっくりと症状が進行しますが、突発的な水分の不足は急速かつ危険度の高い症状を引き起こします。それが、脱水症状です。

 

喉が渇いたら、水を飲むという基本的なことが間に合わないほどの事態が起きた場合、犬は脱水症状を引き起こしてしまいます。
脱水症状は、熱中症の症状の1つでもあるのです。

 

この場合、症状が出てしまったあとでは、口から飲み水を飲ませる程度では、回復が難しく、手遅れになれば死にいたる危険な状態です。
完全に回復をさせるには、動物病院で点滴を受けることがベストな処置方法です。

 

水はこぼれない器で、常に多めに用意しましょう

 

飲み水を用意する場合には、「こぼれない器」で「多めに」用意することを常に心がけておきましょう。

 

その理由は、万が一、留守中に犬が器を倒してしまったら・・・ということです。

 

また、交通機関のトラブルや仕事の急用、震災もしかりですが、帰宅したくてもできないという事態がないとも限りません。健康な犬であれば、水分さえ十分に接取できていれば、数日間は食事をしなくても生き延びることが出来るものです。
しかし、水がなくては、結果生きていくことはできません。

 

万が一の時の事を考えて、水は常に用意しておいてあげましょう。

 

愛犬とのお出かけ!お役立ち情報!

 

ドッグラン情報サイトの犬プレTOP

 

 

無料で遊べる?水飲み場は?シャワー設備は?場所は?など事前に知りたいドッグラン情報が分かる"犬プレ!"。全国の都道府県別に人気のドッグランをご紹介!ドッグカフェや犬と泊まれる宿などの情報も♪

 

 

 

 

 

散歩時に便利なウェストポーチの試着画像

 

 

犬の散歩時、「あると便利!」な機能が搭載されたオーナーさん用ウエストポーチ!両手をフリーにさせても愛犬とリードでつなぐDリングや、スマホなどを収納するスペース、給水のための水や飲み物を常備できるドリンクホルダーなど、便利な機能が充実!男性でも女性でもカジュアルに着こなせるヒッコリーとデニムタイプに迷彩色も新登場!手が空くことでお散歩の楽しみが増えるマストアイテムです♪

 

 

 

 

 

 

 

グッタリした子犬のわんちゃん
犬も脱水症状になる?犬が水分不足に陥るとどんな症状に見舞われる?もしものときの対処法や、知っておきたい判断基準などの予備知識について。 続きを読む≫
熱中症で横たわるミニチュアダックス
犬も熱中症になる?どんな症状になる?予防や対策はあるのか?などを徹底考察!舌をダラっと出していたら?よだれがいつもよりでていたら?などなど、... 続きを読む≫
日差しの強い縁側で暑さにうなだれる大型犬
“室内だから大丈夫”は危険!?日差しの強い日でも高熱になるポイントは自宅にもあります。知っておきたい室内飼育のワンちゃんたちの居場所について... 続きを読む≫
アスファルトで肉球をやけどした犬
夏の炎天下、アスファルトの上を歩くワンちゃんは「熱い!」と声に出して表現することができません。歩く姿がなんだかおかしいと感じたときにはすでに... 続きを読む≫
真夏の日中に外を散歩するワンちゃんたち
夏の炎天下での犬のお散歩は危険?避けたい時間帯や犬の生理現象の調整、生活リズムのことなど。 続きを読む≫
犬小屋の写真
屋外で飼っている犬の場合、夏の暑さ対策に毎年、頭を悩ませることでしょう。最近は、夏の気温が毎年最高値を更新し続ける異常気象とまで言われていま... 続きを読む≫
お部屋で留守番するワンちゃん
日中の自宅は、犬が留守番中というご家庭も最近では多いことでしょう。夏の留守番はどのような工夫をしていますか?窓を開けている?エアコンをタイマ... 続きを読む≫
ケージに取り付けられた水を飲むワンちゃん
犬にとって水はどんな存在?水分不足になると?脱水症状になると?知っておきたい飲み水の役割について考察しましょう。 続きを読む≫
シャワーで濡れた小型犬の犬
夏はどれぐらいのペースで愛犬をお風呂やシャワーに入れますか?シャワーのあとにすべきことは?など知っておきたい夏のワンちゃんのお風呂事情につい... 続きを読む≫
夏の散歩の日差しに夏バテするワンちゃん
暑い夏、家族と一緒に海へ山へと犬たちも出かけることでしょう。家族は、日焼け止めを塗り、しっかりと日焼け対策をするものの、犬のことはつい忘れが... 続きを読む≫