TOP

夏場の犬のシャワー(お風呂)の頻度は?冷水と温水どちらがいい?

犬の夏のお風呂(シャワー)・シャンプーの頻度はどれぐらいがベスト?
   このエントリーをはてなブックマークに追加

 

犬の夏のお風呂(シャワー)・シャンプーの頻度はどれぐらいがベスト?

 

気持ちよさそうにシャワーを浴びて濡れたチワワ

 

暑い夏、愛犬が汗や汚れで、被毛がじっとり、汗ばんでいるのを見て、お風呂やシャワーでさっぱりさせてあげたいと思うのは、飼い主さんとして当然のこと。

 

かと言って、私たちの感覚で、毎日、何度もジャバジャバ洗ってもいいものなの?と疑問に思うオーナーさんも多いでしょう。

 

犬の夏場のシャワーやお風呂はどれぐらいの頻度が適切なのか考察してみましょう。

 

夏だからといって、回数を増やさなくてもOK!

 

犬はカラダにあまり汗をかかない動物です。暑い夏だからといって、私たち人間ほど、汗で皮膚がべたつくといったことはあまりありません。したがって、シャワーの回数を過剰に増やす必要はありません。

 

ただし、暑い季節に心配なことは、ノミダニの被毛への寄生です。
散歩で草むらへ入ったり、キャンプへ行ったりという後は、ノミダニが寄生してしまうことがあります。

 

これらを予防するためにも適度にシャワーをして、衛生的に保つことは大切です。

 

シャンプーの頻度は、理想は月に2回程度と言われています。あまりに頻繁にシャワーをしてしまうと、皮脂が過剰に失われてしまい、肌荒れ、かさつきを起こしてしまうからです。

 

夏は、冷水でもOK!

 

小型犬であっても、シャワーをし、シャンプーを終えるまでには15分前後はかかります。
特に、中型犬や大型犬、毛量の多い犬種であれば、シャワーの所要時間はさらに長引く事でしょう。

 

その間、浴室内の気温とシャワーの温度で蒸され、犬の体温は上昇。
私たちが思う以上に犬は暑さを感じている場合があります。

 

体温上昇は犬の体に負担をかけてしまうものです。

 

これらを踏まえて、夏のシャンプーは、シャワーの温度を低く設定し、冷水かぬるめのお湯がおすすめです。

 

シャワーの温度を低く設定し、短時間でササっと終えるようにするのがポイントです。

 

ドライヤーに注意を!長毛種の自然乾燥は逆に危険?

 

夏のシャワーで気を付けなければならないことは、ドライヤーの使用時間です。

 

実は、飼い主さんも知らず知らずのうちに、ドライヤーが原因で犬が軽度の熱中症をおこしてしまっているという事象が起こっているのです。

 

シャンプーの後の乾燥方法は、タオルドライがおすすめ!

 

ドライヤーは温度を抑えて短時間で手短にし使用時間を極力減らすのが上手な乾かし方です。

 

また、夏だからといって、自然乾燥はあまりおすすめできません。

 

ビーグルやラブラドール、フレンチブルドッグのように被毛が短い犬種の場合、しっかりとタオルで拭き上げた後自然乾燥でも十分です。
しかし、そのほかの犬種は、自然乾燥でも乾きますが、完全に乾ききるまでに、被毛に残った水分が蒸れてしまい、かえって体温が上がってしまったり、生乾きになり嫌な臭いの元になってしまいます。

 

夏のシャワーとシャワー後の乾燥は手際のよさがポイント!

 

洗浄は、冷水を使い短時間で終え、ドライヤーもできる限り短時間で終えるのが、健康的な犬の夏のシャワー方法です。

 

犬のお風呂やシャワー関連情報!

 

小型犬用のペット服情報サイト

 

 

愛犬のお風呂上りに着せたいペット服No1!!大人気MandarineBrothersの犬用バスローブ!お風呂上りにササっと羽織れば室内でブルブルされても大丈夫!やわらかいコットン素材なので肌の心地も抜群!愛犬家同士のちょっとしたプレゼントにもおすすめです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬の寒さ対策.comのTOP画像

 

 

冬の犬のお風呂やシャンプーはどうする?回数、頻度が減ってしまう分、上手な洗い方や乾かし方でワンちゃんは快適に過ごすことができるようになる…?トリミング・ドッグサロンなど、トリマーさんが行うプロの冬のシャンプーテクニックについて考察!

 

 

 

 

グッタリした子犬のわんちゃん
犬も脱水症状になる?犬が水分不足に陥るとどんな症状に見舞われる?もしものときの対処法や、知っておきたい判断基準などの予備知識について。 続きを読む≫
熱中症で横たわるミニチュアダックス
犬も熱中症になる?どんな症状になる?予防や対策はあるのか?などを徹底考察!舌をダラっと出していたら?よだれがいつもよりでていたら?などなど、... 続きを読む≫
日差しの強い縁側で暑さにうなだれる大型犬
“室内だから大丈夫”は危険!?日差しの強い日でも高熱になるポイントは自宅にもあります。知っておきたい室内飼育のワンちゃんたちの居場所について... 続きを読む≫
アスファルトで肉球をやけどした犬
夏の炎天下、アスファルトの上を歩くワンちゃんは「熱い!」と声に出して表現することができません。歩く姿がなんだかおかしいと感じたときにはすでに... 続きを読む≫
真夏の日中に外を散歩するワンちゃんたち
夏の炎天下での犬のお散歩は危険?避けたい時間帯や犬の生理現象の調整、生活リズムのことなど。 続きを読む≫
犬小屋の写真
屋外で飼っている犬の場合、夏の暑さ対策に毎年、頭を悩ませることでしょう。最近は、夏の気温が毎年最高値を更新し続ける異常気象とまで言われていま... 続きを読む≫
お部屋で留守番するワンちゃん
日中の自宅は、犬が留守番中というご家庭も最近では多いことでしょう。夏の留守番はどのような工夫をしていますか?窓を開けている?エアコンをタイマ... 続きを読む≫
ケージに取り付けられた水を飲むワンちゃん
犬にとって水はどんな存在?水分不足になると?脱水症状になると?知っておきたい飲み水の役割について考察しましょう。 続きを読む≫
シャワーで濡れた小型犬の犬
夏はどれぐらいのペースで愛犬をお風呂やシャワーに入れますか?シャワーのあとにすべきことは?など知っておきたい夏のワンちゃんのお風呂事情につい... 続きを読む≫
夏の散歩の日差しに夏バテするワンちゃん
暑い夏、家族と一緒に海へ山へと犬たちも出かけることでしょう。家族は、日焼け止めを塗り、しっかりと日焼け対策をするものの、犬のことはつい忘れが... 続きを読む≫